次、どこ行く? 旅に出たくなるウエブサイト|tabilover.jp

Amazon 四つ星リアル店舗


このウエブサイトは読者の皆様のご支援により運営しています。
よろしければ、リンクのポストカードセットを購入していただけると嬉しいです!
tabiloverオリジナルポストカードセット

アメリカに行って、日本に再入国する話は次回。書くのが結構大変。というわけで、今回はアメリカで初めて行った店の話。

アメリカ、ジョージア州アトランタには、街の中心部をぐるっと囲むように環状道路が走っている。その環状線のことをペリメーター(境界線)と呼ぶそうで、その北東の角に当たるところにペリメーターモールというショッピングモールがある。各種ブランドショップや飲食店が多数入る大きなショッピングモールだ。

そのモールの一角にあるのが、アマゾンが2018年から展開しているリアル店舗の1つ、Amazon 4-starだ。アマゾンのウエブサイトで、4つ以上の評価をもつ商品だけを陳列、販売しているというショップで、1号店はニューヨークだったそうだ。2021年現在では、全米で31店舗ほど展開されているようだ。

混雑時は入場制限しており、一時は並ぶほど。人気は高いようだ

 扱われている商品は、生活家電、本、玩具、文房具、そしてアマゾンのオリジナル製品など。日によってのセールもあり、僕が行った日はJBLのブルートゥースヘッドホン、約150相当の商品が半額になっていたのだが、数量限定だったようですでに売り切れていた。

ほかにも、アマゾンプライム会員向けの価格を設定している商品もあった。価格のところに、通常いくら、プライム会員いくら、と赤地に書かれている商品だ。ものによっては半額近くに設定されているものもあった。ちなみに日本のプライム会員でも大丈夫なのか、と店員に聞いたところ、OKとのこと。実際に対象商品を購入したわけじゃないが、これは嬉しい。

奥から入り口側を見る

店内はかなり広く、入り口にオススメ商品が置かれたテーブルがあり、その次にアウトドアグッズがあるという感じだった。いちばん奥に、Amazon KindleやFireタブレット、Amazon Basics製品などが多く並んでいる。左右の棚には玩具などの小物が。

多様なジャンルの売れ線だけがランダムに配置されているので、なんだかミニュチュアのデパートのよう。ヘッドホンを探しているときに「こんなものがあるのか」とまったく違う商品を発見するなど、昔ながらの「買い物」の感じで、見ているだけで結構楽しめた。歩いて回って新しい発見がある、というのはリアル店舗ならではの楽しみだが、それをオンラインショップのアマゾンが提供しているのは面白いな、と思った。

プライム会員価格が設定された商品もある。レビュー数も書かれている

アマゾンは生鮮食品を扱うAmazon Freshや、レジで精算せずに商品を持ち帰れるAmazon Goなど、多くのリアル店舗をアメリカで展開して実験している。このAmazon 4-starは、商品のバリエーションを見るとビレッジバンガードのような雰囲気があって、日本にあっても面白いなあ、と思った。

結局、ここで買ったのはSONYのベーシックなワイアードヘッドホンMDR-ZX110で、価格は10ドルほどだった。日本にもできるといいな! ちなみにこのヘッドホン、ワイヤードだし価格もソニー製品の中で最安と言えるモデルだけど、なかなかこれがどうして悪くないでスよ。折りたためるし軽いし。

Amazon 4 star website

ちなみにSTANLEY(スタンレイ)の製品は、クラシックかつ性能もよく丈夫で元々好き。アメリカではとくに多く見かけるボトルやクックウエアのブランドです。おすすめはレトロなランチボックス。


このウエブサイトは読者の皆様のご支援により運営しています。
よろしければ、リンクのポストカードセットを購入していただけると嬉しいです!
tabiloverオリジナルポストカードセット

About the Author

コメントする

You may also like these

tabilover